full-color pills

検査で確実に

クラミジアの症状は男女ともに軽微すぎて気づくことができません。治療自体はクラビットやジスロマックで簡単にできても、感染に気付けなければ意味がないので、必ず検査で感染の有無を調べておきましょう。

最も気をつけるべき性病

drugs

クラミジアは日本で一番感染者数が多い性病です。その患者数は国内に100万人以上存在すると考えられており、全盛期には女子高校生の10%が感染していたというデータまであるほどです。
ここまで感染者数が多いのに、そこまで世間で話題にならないのは、クラミジアに自覚症状がほとんどなく、感染していることに気が付いていない方が多いからです。自覚症状がないゆえに、感染に気付かないまま性行為を行い、結果的にどんどんクラミジアが蔓延していきます。自分の身近にもクラミジアが存在する可能性は高いですし、もしかするとすでに感染している可能性すらありますので、これまで性病検査を受けてこなかった方は早急に性病検査を行いましょう。そして感染が発覚した場合は、すぐにクラビットやジスロマックで治療を行って下さい。

なぜ今回クラミジアについて取り上げているかというと、実はクラミジアは現在症状がなくても、放置しておくことによって重大な病気になってしまう可能性があるからです。
クラミジアは放置しておくことによって女性なら不妊症や子宮外妊娠の原因に、男性の場合は睾丸炎につながり、最悪の場合精子の量が激減してしまう可能性があります。つまり、クラミジアは放置しておくと子供を望めない体になってしまう可能性があるのです。
さらに、男女ともにクラミジアに感染している状態だとエイズの感染率が大幅に増加します。このように、クラミジアを放置しておくことで様々な危険が伴います。誰にでも感染の可能性がありますので、かならず危機意識を持っておきましょう。

オススメサイト:ジスロマックでクラミジア撃退

yellow pills

薬の選び方に気をつける

クラミジアの治療といえばクラビットやジスロマックを利用するのですが、これらの薬に関してはそれぞれ効果が違います。自分に合っている方の薬を使うのが望ましいので、両者の違いをしっかり理解しておきましょう。

yellow pills in jars

個人輸入を利用する

クラビットもジスロマックも、日本で処方してもらうためには病院に行く必要があります。病院に行くことに抵抗がある方は、個人輸入の通販で購入することができますので、早急にクラミジア治療をできるようにしておきましょう。