検査で確実に

full-color pills

クラミジアは基本的に性行為で感染しますので、コンドームの着用を徹底することによって感染を予防することができます。
ただ、クラミジアは時に咽頭にも感染しますので、オーラルセックスによって感染してしまう例もあります。本気で感染を予防しようと思った場合は、オーラルセックス時にもコンドームを着用する必要があるといえるでしょう。

クラミジアに感染していないことが分かっていれば安心して性行為を楽しめるのですが、クラミジアの症状は軽微すぎて気づけないことが多いです。
具体的に症状を挙げると、男性の場合は尿道から膿がでたり、尿道のかゆみや不快感があります。ただ、そもそも症状が生じない方も多いので、気づくことは難しいでしょう。
女性の体にはおりものの増加や下腹部の痛みなどがあらわれます。しかし、これも生理不順などで片づけられてしまうことが多く、あまり深刻にとらえない女性が多いです。まったく無症状のまま病状が進行していることも考えられますので、安心はできません。

クラミジアの感染については、必ず性病検査によって調べてみましょう。性病検査は病院や保健所で受けることができますし、恥ずかしさを感じる場合は通販で検査キットを購入し、誰にもバレずに検査を行うこともできます。どのような方法でもいいので、検査の結果でクラミジア感染の有無を確認しましょう。
万が一感染していた場合でも、クラビットやジスロマックなどの薬を使えば簡単に治療が可能です。クラビットやジスロマックは病院でも通販でも購入ができますので、治療自体の難易度は低いといえます。
問題は感染に気付くことができるかどうかということなので、かならず早急に検査を実施しましょう。